ご注文・お問い合わせ

ご注文の書籍は送料無料にてお送りいたします。
お電話・メールでご連絡ください。

TEL:
075-705-2838
FAX:
075-705-2839

info@seijisya.com

書籍詳細Details

火の記憶

大西淳子 歌集

自選五首
転居するたびに新たな職を得てピサの斜塔のごとき安定
飛ばされているのか飛んでいるのかと風強き日の蝶に問うなり
沈黙の美徳のすえの限界の製氷皿の氷の罅よ
涼やかにそうめん入るるみずいろのガラス食器は火の記憶持つ
鞦韆に〈小さい秋〉があることのさみしさ秋は揺れやまぬなり

一集に繰り返し歌われるさびしさは誰のものなのか。ロスジェネとひと括りにされる世代のものか、それともこの歌人特有のさびしさか。社会につねに居心地の悪さを感じながらも咀嚼できないもどかしさ、その違和感を詠い留めることで救われることもあるだろう。

さびしさに点る蛍は胸に住み今宵は青くまたたきやまず

諦念を抱えながら、しかしそれでも歌にし続ける熱量が静かに底流する。・・・「帯」より

四六判上製
208ページ
2300円(税別)

ISBNコード
9784861985423